Img_578ef2ea64f9ee5c48c574b2f7d3dfa3
春はそれだけでそわそわしたり、草木の美しさにハッとしたり、空の明るさに涙が出そうになったり。
心が揺さぶられる季節です。
一年の目標は1月に立てたけれど、学生時代や会社員時代のなごりで4月から新しい日々が始まるという意識がとても強くなります。
今年度は本当に沢山のお客様に恵まれ幸せでした。
そして思いもよらない出会いが幾つかありました。

私は以前より、沢山の方と交流しながらその場その場で何かを表現するといった事がとても苦手です。
なので余計に、臨機応変に美味しい物や素晴らしい作品を生み出せる力を持っている人に強く憧れ、尊敬しています。
緻密に計算し、淡々と日々繰り返し同じ物を作り続ける私はやはり表現者ではなく菓子を作る製造者なのだと強く思います。
菓子を手にご挨拶したり、皆で食卓を囲む風景がとても好きです。
気持ちのお返しに菓子を贈るのも好きです。
どんな場所でもどんな時でも変わらない味と安心感のある物を作りたいです。
小さな世界で静かに生き、作業を繰り返すのが幸せです。

それでも、日々の営業では出来ない事や表現をしてみたいと思う矛盾した気持ちも何処か持ち続けています。
こんな私に価値を見出し、新しい事に挑戦する機会を与えてくださる方々との出会いが昨年は沢山あり、今年はそんな信頼出来る方が用意してくれた場面も大切にしていきたいなと思っています。

より多くの方に淡々と菓子を届ける代わり映えのしない日々と新しい事に挑戦する楽しい時間、どちらも愛しくありがたい時間、大切に過ごしたいと思います。