Img_575d12ef642f06195082d561cd5a3ed9
福田さんの包装紙、凄く可愛い!
9月に安西水丸、吉田璋也を巡る旅と称して鳥取へ行った時、木工の福田さんに吉田璋也のデザインしたスタンドライトや運び盆、他にもマッチケースなど色々と見せていただきました。福田さんご夫婦はとても優しくって娘にも凄く良くしてくれました。
写真でしか見たことの無いライトや運び盆を実際にみて圧倒されてしまいただただ眺めていました。私達が引越しをして、実際に生活に必要だと思った時に注文をくれたらいいよ、と言ってくださりせっかくだからと買おうか迷っていた運び盆やライトも一度ゆっくり目に焼き付けて帰る事にしました。いずれにしても作るのに時間がかかるからゆっくりと考えて下さいとの事。
帰ってすぐに奥様よりお手紙をいただきました。達筆で丁寧な便りに胸があつくなって主人と二人で感動していました。
お手紙には木工の性質上お二人が気を遣っている事、私達家族の印象や安西水丸さんとの思い出などが書かれていました。優しくて丁寧な便りにまた福田さんご夫婦会いたくなりました。

引っ越しが忙しくすぐに返事を書けずにいましたが、
生活も落ち着いた11月頭、やっとお返事が書けました。生活していてやはり必要だと感じた運び盆の注文もしました。
奥様からお電話で運び盆についての取り扱いの
説明など丁寧にしていただきました。
そして手元に届いた運び盆。毎日晩御飯の際に使っています。福田さんの作っているそれに、愛情もひとしお。
福田さんは高齢で作れる時間はもう限りがあるそうです。御本人に会えて直接沢山のやり取りを経て福田さんの木工品を手にする事が出来た事を何より嬉しく思います。
福田さんが作れなくなってしまっても私達はずっと福田さんの木工品を使い続けて行きたいです。それが私達の責任、と思わせる様な尊い物との出会いでした。