Img_315e70fe6595f3ac599587314d4d0408
姪が撮ってくれた写真
Img_48a36c3296296a846e2c2165c36a1467
弾ける姪っ子の洗礼
今日は姉と姪っ子2人が電車で家まで遊びに来てくれた。
お昼ご飯を一緒に食べたりお菓子食べたり。
姪っ子は娘に興味しんしん。
7歳の姪はお人形か何かのように可愛い!可愛い!可愛いくて心が震えちゃう!とか言いながら暴れたりしてました。4歳の姪はとても面倒見が良くてわたしがオムツを替えようとすれば替えのオムツをすかさず準備してくれる、その反面赤ちゃんがえりのような状態に。姉に赤ちゃんみたいに甘えていて心は複雑摩訶不思議。
娘もまだ一ヶ月だけど人が居るのは気が紛れるのか、嬉しいのか、2人きりで過ごす時より全くぐずりなし。楽しくて良かったね。

姪達とオリンピックのフィギュアを一緒に干渉。
若い子達が頑張ってるのを見るだけで涙がでちゃう。羽生くんも宇野くんも素敵だった。ボーヤン君もハビちゃんもよかった。美しいものが見られてよかった。
ふと羽生くんのやりきった笑顔を見て思い出したのが自分の出産直後の気持ち。
やり終えた安堵と無事やりきった自分への賞賛。喜びによる昂り。あの時そんな気持ちだった。
重ねたら失礼だけれど自分の人生で一番の幸せと羽生くんも言っていたし。私にとったらあの瞬間が自分の人生の中では金メダルかな。彼らと違って散々陣痛中弱音吐きましたけどね。